カテゴリ:kororin bag 仕様書( 4 )

kororin bag 仕様書 

f0177409_14135531.jpg



その名前の通りコロンとしたバッグです。

ここでは基本形にて説明いたしますが他のサイズも作り方は同じです。

パターンは本体部分と底部分の2枚。

セットをご注文いただいた方には本体部分が2枚と底部分(共通)が1枚の3枚組になっております。

パターンに記入している記号等は説明の際分かりやすくするためのだけのもので、

洋裁用の記号という訳ではありません。パターンにはすでに縫い代が1cm含まれております。

巾着はアレンジになっておりますのでパターンには含まれておりません。




作り方がわかりやすいように画像を多めに載せています。

画像をコピーしてパターンをおこすことも可能だと思われますが

その点は皆様方にご協力いただければと思います。宜しくお願い致します。



【 中袋のパターンを購入頂きました方へ 】


仕様書の画像は表袋を使って中袋も制作しております。

中袋のパターンで作られる場合にはタックの数が違いますのでご注意下さいませ。

中袋についてはこちらもご参照くださいませ。



【 パターンについて 】


f0177409_14192795.jpg



① ◎の半分のマーク・・・布を輪にして裁って下さい。

 ② * のマーク   ・・・持ち手の縫い合わせの時に使います。

 ③ のマーク   ・・・外袋・中袋の縫い合わせの時に使います。

 ④ @のマーク   ・・・返し口を表します。

 ⑤ Λのマーク   ・・・タックをたたむ位置を表してます。

縫い代の線は一部分しか記入しておりませんが全体に縫い代が(1㎝)含まれています。

もしスタンプの押し漏れがある場合には画像を参考にしてください。
またタックの書き漏れはご連絡ください。

基本形には (basic) 他のサイズには各々の名前のシールを貼っております。
パターンを確認いただきましたら、裁断へと移りますが・・・


f0177409_1874375.gif



このバッグは丸くコロンとしたところが特徴になっています。

その丸みが出るように、また型崩れしにくいように「キルト芯」また「接着芯」を
使うことをお勧めします。

アイロンで接着するタイプのものを使う際にはまず生地を荒裁ち
(パターンより1㎝ほど大きめに裁断すること)をして
芯類を貼ったあとでパターン通りに裁断したほうが正確です。
(芯を接着することで若干生地が縮むからです。)


キルト芯( または接着芯 )についての質問を沢山いただきます。その中でも多いのが

Q1 どんなものを使っていますか?

A1 キルト芯に関しましては、アイロン接着(片面)の中厚のものを使っています。


Q2 ○○な生地で作ろうと思いますが外袋と中袋どちらに貼った方が良いですか?

A2 実際の生地を拝見してないので何とも言い難いのですが、

  基本的にはどちらでもいいのではないでしょうか?  
 私が作る際にはほとんどの場合外袋にキルト芯を使います。

  以前は接着芯を底部分に使っておりましたが最近はあまり使いません。

  その代りにといいますか、素材にもよりますが   
キルト芯を外袋全体と中袋の下部分にのみ貼ることもあります。

  中袋の下部分とは・・・巾着の作り方で出てきますのでご参照ください。

  ご参考までに。                     



【  裁 断 】


巾着付きへアレンジされる方は中袋の裁断の仕方が異なりますのでまずこちらをご覧ください。

アレンジされない方はこのままお進みください。

 ① 本体部分 (外袋・中袋 各2枚づつ)  底部分(外袋・中袋 各1枚づつ)

 ② ◎の半分のマークは布を輪にして裁って下さい。

出来れば荒裁ちをして芯類を貼り、その後パターンに合わせて裁断します。
(その部分は省略します。)

   * この説明では裏側にキルト芯(白)を貼っております。

     パターンが白いのでわかりにくいかもと思い外表にたたんで説明をしております。

f0177409_181105.jpg


    印つけ(またはノッチ)


① (@ @)返し口の位置( 中袋の片側のみ )

②  の位置

③ 本体部分の真ん中(中心)

④  タックの位置


f0177409_18112838.jpg

①②③はハサミで切りこみを入れて下さい。(チャコなどでも結構です。)

タック位置はここでは(糸印)でつけてみます。

 (1)針を直角に刺しとおし、適当な長さで糸を切ります。

 (2)パターンをそっとはずし、

 (3)布の間の糸を切り、  (4)短く切りそろえます。(アイロンで押さえると抜けにくいようです。




f0177409_18121160.jpg


f0177409_18215917.gif
①と②は位置が若干ずれても構いませんし頭の中にあれば印をつけなくてもいいと思います。(実際私はつけません^^ゞ)

ですが③と④は必ずつけて下さい。(③に印をしていた方が底との縫い合わせの時に便利です。)

底部分にも4分割に十字に印を付けたほうが縫いやすいと思います。それは縫製のコーナーにて説明致します。

印つけの方法は各々のやり方でまた、布によって変えても構わないと思います。



以前何かで見ましたが、目打ちを使う方法もありました。


(1)目打ちを布に刺し通します。(2)穴が開いたようになるので(↑)でこれを印とします。

 布を織っている糸と糸との間を広げるので穴が開く訳ではないと説明にはありました。ご参考までに。


f0177409_18125572.jpg

それから・・・私がよくやるタックの印つけ。

パターンに縫い代がついているのは裁断時には便利ですが

このタック部分の印つけに関してはないものを使ってます。

①パターンの下部分の縫い代を切り取って、縫い代分の1㎝をあけて裁断済みの布に置きます。

②チャコペンシル(これは時間がたつと消えるものです。)でチョンチョンと印つけ。(布の裏側に)

いくつも作られる方はこの方がはやいと思います。

f0177409_18133575.jpg


【 縫 製 】


 【 表 袋 】  本体部分 ( 2枚 ) 底 ( 1枚 )

f0177409_182699.jpg

 ① 中表に合わせ両脇を縫い合わせます。(縫い代は1cmです。)

   表袋は返し口(@ @間)をあける必要はありません。

   縫い代はアイロンで割ってください。
f0177409_184723.jpg

 ② タックをたたんでしつけ(またはマチ針)をします。
f0177409_18492815.jpg


f0177409_1850796.gif
 タックのたたみ方の説明です。

   タックのラインを記入した別布にて説明します。(裏側から見たとこです。)

(1)まず部分的に大きめ(Alley36号)のタックにて説明していきます。

(2)* マークをあわせ (3)マチ針を付き通し 

(4)とめます。(このときすくう布を少なくした方がずれにくいようです。)

(5)三角の部分を中心側に倒します。
f0177409_18505945.jpg


kororinの全体の画像をのせてみます。
大きい画像と↑照らし合わせてみてください。

f0177409_18285036.jpg


タック部分をダーツのようにミシンで縫おうとお考えの方は
縫い代まで縫ってしまわないようにしてください。
底と縫い合わせにくくなります。(しつけをされる時も注意してください。)
f0177409_18292470.jpg

しつけの仕方は各々のやり方で結構だと思います。
私は1針のちょこっとしつけをしております。参考までに。
ピンクの糸しかなくて見にくくてすみません。
f0177409_18294536.jpg


③ 底と縫い合わせていきます。

f0177409_19111311.gif  


   丸底の縫い方について「こつ」はありませんか?という質問をよく頂きます

   面倒なやり方ではありますが、私は4分の1づつ縫い合わせる方法をおこなっております。

   以下その方法です。


       (1) 底部分を4分割にして十字に印をつけます。

      時計のように①を9時 ②を12時 ③を15時 ④を18時として説明していきます。



f0177409_18305976.jpg

(2) まず9時の位置と本体部分の脇(どちらでも可)を合わせマチ針(赤)でとめます。

   (3) 12時の位置と本体部分の真ん中(印を入れた場所です)をマチ針(赤)でとめます。


f0177409_18312790.jpg

 (4) その間をマチ針(白)でとめていきます。

   (5) まずはここまでをミシンで縫います。

   (6) 次に ②12時~③15時まで ③15時~④18時 ④18時~①9時と縫い進めます。

      もちろんぐるっと1周いっぺんに縫っても、2分の1づつ縫っても構いません。

f0177409_18315135.jpg

 (7) 縫い代に切り込みを入れます。
f0177409_1832144.jpg

【 中 袋 】  本体部分 ( 2枚 ) 底 ( 1枚 )


 ① 脇を縫う前にポケットを付けます。(お好みでどうぞ。)

   中表に合わせ両脇を縫います。

   返し口(@ @間)は縫わずに開けておいてください。

   あとは表袋と同様にタックをたたみ底と縫い合わせていきます。

   画像にて簡単に紹介します。
f0177409_18324046.jpg


【 表袋と中袋とを合わせていきます 】

 ① 表袋と中袋を中表に合わせてを縫います。

 ② まず脇と脇を合わせてマチ針(赤)でとめます。(ここをきちんと合わせると出来上がりがきれいです。)

 ③ の位置にマチ針(赤)を。

 ④ その間をマチ針(白)でとめて、ミシンをかけます。(反対側も同様に)


f0177409_18331458.jpg

 ⑤ 同じようにこちらも。

   持ち手は上まで縫わないようにしてください。必ずの位置でとめてください。
f0177409_1924126.jpg

⑥ 縫い代に切り込みを入れます。カーブのきついところは細かく入れてください。

f0177409_18335683.jpg

⑦ 返し口から表へとひっくり返します。
f0177409_195547.jpg


【 持ち手を縫い合わせます 】

 ① 持ち手を中表に合わせて縫い合わせます。( * * )間 (全部で4か所です。)

   この時同じ色同士を合わせてください。

   ブルーと紫を合わせますとスーパーの袋のような持ち手になりますのでご注意ください。

   (もちろんこれはこれで良いと思います。)

f0177409_18342862.jpg

② 縫い代をアイロンで割り
f0177409_1971130.jpg


③ 持ち手を出来上がり線にて形を整え(縫い代を裏側に折り込みます。)表袋と中袋とを合わせます。

 ④ まつり縫い又はステッチにて押さえます。(生地によってどちらかを選択してください。)
f0177409_1975964.jpg

最後は返し口をまつり縫いをして完成です。おつかれさまでした^^
f0177409_1985043.jpg

[PR]
by b_moonworks | 2017-02-01 23:59 | kororin bag 仕様書
f0177409_19151864.jpg

中袋をアレンジして巾着付きのkororin bagにします。

ここで作る巾着は↑の画像のわかるように二重になり(表・・花柄 裏・・水玉)

上部がフリルのようにヒラヒラとした形のものが出来上がります。

巾着はお好みのものを作られてください。(サイズ等はご参考に)


・まずはパターンをアレンジします。(中袋用のパターンをお求め頂いている方はこの作業は必要ありません。)

 ① パターンをもう1枚用意してください。(コピーなどで)

 ② お好みの場所でカットします。ここに巾着を挟みますのでそれを考えて位置を決めてください。

   カットしたものを【持ち手部分】【本体部分】とします。

   切り離した部分には縫い代(斜線部分)を付けてください。また生地を裁断する際に縫い代をつけてください。

f0177409_1915571.jpg

④ 切り離した部分の長さを測ります。この長さで巾着の横幅が決まります。(この場合は20.4㎝です。)
f0177409_19162387.jpg

巾着のサイズの決め方(↑の画像のように二重にした場合のサイズです。)

 この場合は

   横幅  ( 20.4×2=40.8㎝ )これはパターンをカットした位置で各々違います。

   縦    基本形の場合15cmあれば口が絞れますから ( 15×2(二重ですから)+2(縫い代)= 32㎝ )

   これを2枚用意してください。

f0177409_1916508.gif

 縮小サイズで作られる場合の巾着の縦に長さについて


  縮小した%により縦の長さも縮めて作っております。

  koburi ( 80%縮小 )の場合( 15×0.8=12 )12cm。

  少し余裕をみて( 12.5cm )で私は作っておりますがたるみ具合はお好みによるかと。

  ご参考にされてください。
f0177409_19173013.jpg

持ち手部分・本体部分も裁断します。横幅がすべてそろうようにしてください。
f0177409_1918682.jpg

これらを使って中袋を作っていきます。

本体部分にはキルト芯を貼ったものを使いました。
f0177409_19183565.jpg

まずは巾着から作っていきます。

中表に合わせて両脇を縫います。

その際に表になる方(ここでは花柄)は紐通し口を開けておいてください。

紐通し口の幅は紐の太さで変更してください。(ここでは1.5センチです。)
f0177409_19192712.jpg

縫い代をきちんと割って(割らないと紐がとおりませんから)

外表になるように半分におります。
f0177409_1920678.jpg

紐通し口を上下で挟むようにしてミシンで押さえます。

① まず端から1cmのところをグルッと1周。

② ↑のステッチから1.5㎝のところをまた1周。2本のステッチが入ります。
f0177409_19231246.jpg

持ち手・本体部分(返し口は開けてください。)は各々脇を縫います。
f0177409_192486.jpg

ではこの3つのパーツを縫い合わせていきます。

持ち手と本体部分を中表にあわせて、その間に巾着をはさみ縫い合わせます。

この時持ち手と巾着が中表になるようにしてください。

f0177409_19243716.gif

   一度に縫い合わせるとずれることもありますから

   (もちろん↑のやり方でも構いません)

   分けて縫う方法を説明します。


    ① まず本体部分と巾着を縫い合わせます。

  その際に本体部分の表側と巾着の裏側(水玉)を合わせます。

  グルっと1周ミシンをかけます。
f0177409_19253567.jpg

② ①に持ち手部分を巾着と中表になるように合わせてミシンを。
f0177409_1926153.jpg
f0177409_19264911.gif
画像ではわかりやすいように持ち手側から縫い合わせていますが、

   本体部分の裏側から①の縫い目の上を縫ったほうが綺麗につけることができます。


   3点を縫い合わせましたら縫い代を持ち手側に倒しアイロンでおさえます。

   表側からミシンをかけておくと縫い代が落ち着きます。(これはお好みでどうぞ)
f0177409_19275637.jpg


③ タックをたたみ底と縫い合わせます。


縫製のコーナーに戻って表袋と縫い合わせてください。
[PR]
by b_moonworks | 2017-02-01 23:28 | kororin bag 仕様書
f0177409_19351893.jpg
f0177409_19315428.jpg

kororin bagの巾着に次ぐ中袋のアレンジ、あずま袋のように結ぶタイプです。

作りは巾着と同じで、持ち手と本体部分の間に結ぶ部分を挟みこみます。

挟むものの形態が違うという事です。この作り方の場合バッグにくっついた形となります。

このタイプは巾着の場合と違って何cmといった決まったサイズがありませんのでお好みで調整されてくださいね。

では一旦最後まで目を通されてください。







  パターンのアレンジ   ( 中袋用のパターンをお求め頂いている方はこの作業は必要ありません。)



        ① パターンをもう1枚用意してください。(コピーなどで)

        ② お好みの場所でカットします。ここに結ぶ部分を挟みますのでそれを考えて位置を決めてください。

          カットしたものを【持ち手部分】【本体部分】とします。

          切り離した部分には縫い代(斜線部分)を付けてください。また生地を裁断する際に縫い代をつけてください。
f0177409_19323964.jpg


  形・サイズについて





          ここで紹介する結ぶ部分の形は【 三角形 】です。これを2枚用意します。仕上がりの画像も参考にされて下さい。

f0177409_19332676.jpg

f0177409_19354737.jpg



【 底辺の数値 】


パターンの切り離した部分の長さを測ります。(basicのパターンを使っております。)

f0177409_19362913.jpg

この場合は

      20.4×2=40.8㎝  これはパターンをカットした位置で各々違います。

      40.8+( a )=( b )cm  ( a )の部分の数値はお好みにより変わります。


      といいますのも(下図)重った部分を①のようにするか②のようにするかまた①の場合でも

      多めにするか少なめにするかで数値は変わってきます。

f0177409_1937158.jpg

仕上がり画像ではこちら↓の部分です。
f0177409_19382053.jpg

【 高さの数値 】



      これまた結んだ時のお好みで長さは変わってくると思います。


      あまり短いと結びにくいですし、長いと結んだ時は可愛らしくても開いた時には邪魔に感じるかもしれません。


      ↑のどれくらい重ねるかという事も、高さの数値に影響が出ますので試作をされることをおすすめいたします。


      下記のサイズは参考までにどうぞ。


         basic shoulder   45 cmくらい

         koburi       37 cmくらい

         tenori       28 cmくらい





    裁断・縫製


      ↑でサイズを決めた三角形を、一重の場合は2枚 二重の場合には(表 2枚 裏 2枚)用意して下さい。


      画像では二重の作り方で説明していきます。( 表 花柄 / 裏 レース )


      では縫っていきましょう。


      ① 表と裏とを中表に合わせて底辺以外を縫い合わせ、表に返します。これを2組用意して下さい。

f0177409_1939694.jpg


      ② 底辺の真ん中に印をして、


      ③ ↑の印と中袋の本体の脇を合わせ、マチ針で止めていきます。

f0177409_19393697.jpg

 ④ もう1枚も同じ要領でマチ針で止め縫い合わせていきます。
f0177409_19404425.jpg

[PR]
by b_moonworks | 2017-02-01 23:25 | kororin bag 仕様書
このところ同じ内容の質問が続けて2件ほどありましたのでこちらでも説明いたします。
パターンの所にも記載しておりますがわかりにくいようでしたのでこちらをリンクさせておきます。


【 kororin bagの中袋について 】
f0177409_20465567.jpg

中袋のタック部分は1ヶ所です



画像は中袋のパターンです。(全体像は諸事情につき載せられませんことご理解くださいませ。)
kororin bagは基本的には表袋のパターンのみで作る事が可能です。
巾着口にしていただく場合でも表袋をアレンジ頂けば大丈夫です。
アレンジの仕方はこちらです。


そのアレンジの手間を省く為に【中袋のパターン】が登場しました。
中袋のパターンを販売するにあたって表袋をアレンジしたものをそのまま販売するのは
芸がないなと思いましたし、それでお金をもらうというのもなんだかなぁ~とも思い
私個人的には中袋があまってモタつくのをあまり好まないため
少し小さ目に作ろうと考えました。それと簡単に出来る方法をとも考えました。

その結果
タック部分(パターン上)は表が2ヶ所を、中袋は1ヶ所に。( ↑ 画像)( 底は共通 )
タックのない形も考えましたが形がいびつになるので却下しました。
キルト芯を貼る事を考え高さも低く作っております。(パターンを比べると2cmくらい差があると思います。)
(本体と持ち手との切り離した部分には1cmの縫い代が含まれています。)

なので表袋と中袋とでは厳密にいうと形が違います。似てはおりますが(笑)
実際キルト芯を貼って作るとあまりわからないと思いますが、表袋の中で中袋が浮いた感じを
イメージ頂ければと思います。(実際浮くほどではありませんが・・)
この差が気になる方は表袋のパターンを使って作る事をおすすめ致します。


当方ではAlley36、38号というパターンがありますがこれらは顕著に表袋と中袋との形が違います。
ここまでの違いはないにしろkororin bagのパターンも表と中袋とでは「似てはいるけれど違うもの」
であることをご理解の上ご注文頂ければと存じます。

2014/7/20 店主 yun



全くの余談ですが・・・この形はここのタンブラーを見て思いつきました。
(イメージする際の参考になるかと思います。)
興味のある方はどうぞbodum
[PR]
by b_moonworks | 2014-07-20 00:00 | kororin bag 仕様書
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31