「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:neko( 21 )

続き・・・

27日(木)以降子ネコ達には会えておりません・・・。
そう達。
結局母ネコ(サビ)と子ネコ2匹(サビ 1 チャトラ 1)の親子でした。

More
[PR]
by b_moonworks | 2009-09-08 21:54 | neko | Comments(2)

忘れておりませんよ

f0177409_1912641.jpg























3月25日、今日はキョンの誕生日です。
一緒にいた頃は忘れていて1日遅れで祝ったり、
ネットを通じて知り合った方からのメールで思い出したりしていましたが、
今回は覚えていました。
まぁ覚えていてもしょうがないことですけど。

この写真ずーっと探していたのに見つからなかったのですが、
何日か前にひょっこり出てきてたんです。本の間から。
画像が悪くてすみません、写真をデジカメで撮ったものですから。
風呂上りのひなたぼっこ^^

写真が出てきた時には「忘れてない??」と言われた気分でした。
カレにとっては誕生日なんてわからなかったと思います。
ただ年に1回いつもよりお刺身を食べれる日。

ちゃんと買ってきました、忘れておりませんよ^^
[PR]
by b_moonworks | 2009-03-25 16:04 | neko | Comments(2)

neko memo  return /  link


f0177409_12262230.gif







もう戻ってきました(笑)

キョンが逝って一か月が経ちました。(正確には1か月と2日)
長い長いひと月でした・・・。
まとめようまとめようと思っていた
キョンが使っていたものや
食べていたものの購入場所
病気になって参考にした本やHPやブログ
病院の事、そして最後に弔いしてもらったところなどなど
のリンクをはっておきます。

今後のためにもうちはこんなもの使ってますや
これがいいですよなどありましたら教えてくださいね^^

More
[PR]
by b_moonworks | 2009-01-14 12:28 | neko | Comments(4)

neko memo 18 / memory1996~2008

f0177409_8154375.gif






日常の中まだ猫のいない生活には慣れずというか、いた頃の習慣が消えない日々です。
でもやっと色々なものを片づけはじめました。
ちょうど年の瀬でもありますし、使っていたお皿やトイレを洗い
天気の良い日陽に当てキャリーバッグなどと共に収納。

あれからしばらくは年甲斐もなく「ワ-ンワン、オンオン」声をあげて泣いた事もありましたが
猫のことばかり書いてもきりがないので、今回でneko memoタイトル封印いたします。
最後は写真の整理もしたので小さい頃からの思い出を少し。

一緒に暮らしはじめた頃は私はまだ20代で、1人と1匹は衝突を繰り返しながら
お互い年を重ねて(猫の方がもちろん追い越しては行きますが)
だんだんといい関係になったように思います。
猫相手に本気で怒ったりしたこともありました。大人げないですね(汗)

まだデジカメを持っていない頃ですので、そうとう画像が悪いです。
ただの親(姉)ばか記録(笑)でもありますがお時間の取れる時にでもお付き合いください。




f0177409_9273547.jpg

(1996 初夏)

キョンは1996年5月の終わり
6月の初めが誕生日の私へのプレゼントとして
我が家にやってきました。
プレゼントというのはどうも後付けのような気もしますが(苦笑)
自分ちで生まれた猫の中から
一番元気がいいのを連れてきたと知人(Y氏)の
シャツのポッケに入ってやってきたのが出会いで、
「なんで猫?なんでうちに?」と思いましたが
悔しいけれど私のひとめぼれでした。


写真はうちに来た初日、カーテンに隠れたり、出てきたり。
断っておきますが写真は間違いなくキョンなのですよ。どこかで入れ替わったりなどしておりませんよ(笑)

More・・・長いです^^ゞ
[PR]
by b_moonworks | 2008-12-28 07:50 | neko | Comments(9)

neko memo  15 / お知らせ

昨日12月12日・・・キョン・・・逝きました。
享年12歳8ヶ月。

ご心配くださった方、応援くださった方本当にありがとうございました。
当初ブログに載せることを考えましたが、
沢山の方が見に来てくださってキョンは幸せ者です。

昨日はどうしても残業しなくてはならなかったのを
定時で切り上げ帰ったのですが、時すでに遅く・・・冷たくなっておりました。
治療のことや色々後悔はありますが、
ひとりぼっちで逝かせたことが心残りでなりません。
そばにいて撫でてあげれたら少しは楽になれたんじゃないかと思ったり。

ここ数日ベッド(私の)に上がってくることもなく
床に寝ていたキョンですが(正確には苦しくて眠れてなかったようです)
最期は苦しい息の中ベッドに上がりいつも丸くなっていた足元の部分で
絶えていました。横向きで足は前後ともきちんと重ねていましたが、
正直安らかという顔ではなかったです。
硬直が始まっていて、剥製のようにも見えました。
顔をなでているとだんだん目が閉じて、朝食べたものが口の周りについていたのを
タオルで拭き水を含ませ少し口を閉じると眠っているようにも見えました。


火葬は福岡市内とは思えない山の中でやさしいご夫婦の手で行われ
真夜中火葬車の上は綺麗な月夜でした。


そこに向かう途中福岡市の夜景が望める場所があり、ご主人が車を止めてくれ
「キョンちゃん君の育った街だよ~見えるか~い」と。
ちょうど車の真上にお月さまだったので火葬車に移すとき奥さんは
「キョンちゃん~お月さま見えてる~きれいだねぇ」などと
沢山気遣ってくださいました。

これは慰めだったのかもしれませんが、
今日は猫の火葬の問い合わせが何件かあったとのこと。
不思議なことに猫の日があったり、ワンちゃんが続くことがあったり
するそうです。淋しくないように誘い合わせて逝くのでしょうねと話してくれました。

弱虫だと思っていたけれどここ数日キョンは本当によく頑張っていました。
動物の生命力をみせられたようでした。
その頑張りに感動しそして応えようととった私の選択は
キョンを苦しめただけだったのかも知れません。

今後わが身におこるであろう色々なこと。
私も同じような病になるやもしれません。
ですがキョンの最後の頑張る姿を
思い出したら乗り越えていけそうな気がします。


キョンへ・・・

虹の橋は見つけられましたか?
今まで本当にありがとう。またね・・・。                      同居人より。
[PR]
by b_moonworks | 2008-12-13 10:09 | neko
猫に関してはたくさんのメールありがとうございます。
中々お返事できずすみません・・・。

ご心配いただいているのに・・・
だんだんといろんなとこに症状がではじめました。

まず5日(金)の夜、左目の黒目が右に比べて大きくならない
暗い所だと黒目がまん丸くなるのですが、左右の大きさが違う
のに気づき、よく見ると目も充血してました・・・。

そして今日10時頃からあきらかに呼吸がおかしい。
計ってみたら30~40回/毎分。
一時的なものかもと思い、様子を見るもだんだん苦しそうに
なるので、病院に電話すると連れてきてくださいと言われ行ってきました。

今日は今までになくキャリーに入るのに抵抗され、大変でした。


レントゲンの結果、胸水がたまっていましたが、肺への転移はまだしてないようです。
病院に行ったこともあり、呼吸もよりいっそうはやくなってましたので
その場では抜かずに利尿剤を使って水を出すことに。
ステロイドと2本注射を。

それと詳しい検査結果もでました。

More
[PR]
by b_moonworks | 2008-12-07 16:14 | neko

neko memo  13 /  調査中

f0177409_21372684.gif





今後治療をどうするかにしても
体によいものを与えようといろいろ調べています。

今まで本当に無知でして、
えっこんなのあるんだ・・・と新鮮です。
もっと早くにと思わなくもないですが、
あまり後ろ向きなことは考えないようにします。

とにかく傷の治りが悪くて。
私もですが年々治りにくくなるんですよね、これが。
免疫力を高めねば。

術後とにかく食べさせてくださいということで缶詰を解禁にしていました。
しかも甘えさせすぎたかわたしの手からでないと食べない。
今晩はそれを食べないので心配しておりましたら
先ほど、カリカリの袋を自分で開けて食べてました。 
そっちでしたか・・・。
[PR]
by b_moonworks | 2008-12-04 22:00 | neko | Comments(0)

neko memo12 / 検査結果

f0177409_7541377.jpg




1週間後の通院日。
糸はまだとれず、腹部の傷の治りが悪かったので
注射をし投薬されました。
抗生剤と傷口を治すためのステロイド。(嫌だな)
腹部の1部がどうしても皮膚が重なってしまい傷が乾燥せずに
ジュクジュクしたままなのです。

病院に着くと先生が検査結果が30分くらい前に
FAXで届きましたという。

思わず「やっぱり・・・」とつぶやいてしまった猫の病気は
「悪性リンパ腫」という名前でした。

化学療法(抗がん剤)が効果があるという。
はじめは1回/1週の通院。
抗がん剤の投与と白血球の数を調べるために
毎回の血液検査をしていくとのこと。

More
[PR]
by b_moonworks | 2008-12-02 23:42 | neko | Comments(0)

neko memo 11 / 術後服

f0177409_18374641.jpg





洋裁の話題を楽しみに来て下さってる方には
申し訳ないですね・・・猫の話しばかりで。

ちょっとだけ洋裁がらみネタを。
カラーだと視野が狭く歩きにくいようだし、上手くえさを食べれない、
かといってカラーを外すと傷をなめてしまうので
猫の術後服を作ってみました。
やわらかい薄手のタオル地のオーガニックコットン。(親ばかとお呼びください)
家の在庫布から一番通気性もよさそうなので選びました^^

とにかくとりあえずの為、筒状に縫って実際猫に当ててみて
足の位置に穴を開けただけのもの。
どれくらいゆとりをもたせていいかわからず顔のほうは
背中のほうがずり下がって花魁のようになったり・・・。
実際に着せてみて穴の大きすぎたところは糸でまつってます。
来ても脱いでもツギハギ状態です^^ヾ
お休みにはもう少しきちんとしたものに仕上げようと思います。

うちのにとってはカラーよりこちらが良いみたい。(精神的に)
傷ではない前足の部分などはグルーミングできますし、
着せるときも初めてでしたが、前足を上げて袖口(ただの穴ですが)に入れてましたし。

今度の通院の時に先生にも話してみようと思います。

家では特にケアすることありません。
抗生剤のみ服用してます。

moreに傷口の画像を載せました。
と言いましても一番大きなものではなく小さな傷3針ほど縫合した
もののみです。見ても平気という方はどうぞ (白黒にしてます)

More
[PR]
by b_moonworks | 2008-11-29 18:43 | neko | Comments(0)
f0177409_655388.jpg



ouchinikaeritai・・・。


仕事が終わって急いで病院にかけつけると先生2人がなにやら思案顔。

キョン・・・1日飲まず・食わず・動かずだったようです。
昨日もゲージの奥のほうにいましたが、
さらに奥にいったように見えました。(もう奥はないのですが)
明日はもっと奥へいくかもと笑いながら話しをしていたのですが、
先生は心配でしょうがない様子。
家で様子を見たほうがキョンには合うかもしれないという。

餌を食べないと傷の治りも悪い。
明日には食べるのではないかと私は思ったのですが、
連れて帰ろうと思ったのは、その場で伏せた状態で
おしっこをしてしまったから。

絶対といっていいほどトイレ以外で用を足すことが
なかったので、ちょっとびっくり。
しかも濡れることが大嫌いなのにそのまま座ってるなんて・・・。


カラーのついた顔をこっちに向けると昨日とはうって変わって
情けない顔になっておりました。
↑は家に帰ってからの顔なので目に少し元気がでてきました。
これでも・・・。

おしっこまみれのキョンを先生は胸に抱えてくれて
点滴の痕にテープを巻いてくれキャリーへ。

うちに帰ったら普段は食べれない缶詰を見て
食べ始めました。沢山ではないけれどひとまず安心。
この様子なら明日はもっと食べるはず^^

夜中にゴソゴソ音がするので時計を見たらam2:00
カラーをつけたままヨタリヨタリとトイレに向かう
キョンの後ろ姿が・・・。連れ帰って正解だったと思います。

大きな手術だったとはいえこんなにダメージがあるとは
正直思ってもみませんでした。
今後の治療方針もこの事をふまえ考えていこうと思います。
[PR]
by b_moonworks | 2008-11-28 06:14 | neko | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28