人気ブログランキング |

neko memo 2  /  続・ 病院探し 



またも猫の話^^ゞ

まずは今更ながら(笑)プロフィールから・・・

キョン
オス
mix
12才8ヶ月(1996・3生まれ)
FeLV (-) FIV (-)
尿路疾患の為 PHコントロールのみの食事


病院が決まりました。
結局2件候補があった中、
2件目の病院でみていただくことにしました。

最初変だなと思ったのは9月の初め。
猫の下腹部の毛が薄くなっていることに気付きました。
ごろっと転がっている猫を遠目から見たとき
お腹がやけにピンク色だなぁと思い近くで見ると
毛がうすくなってました。
その時お腹を触ってみましたが、特に手に触れるものは
なかったように思います。気付かなかっただけかも知れません。

今月の2日、猫の腹部にしこりを発見!!
私が手で触って分かるだけでも4個。
小さなものは1㎝弱大きなものは3㎝弱程の大きさでした。。

それでまずは1件目の獣医さんへ。(11月8日に詳細あり)
病気について検索し猫さんの闘病の日々を綴ったHPやブログ等を読む
日々を送っております。

病気に対しての治療の判断は本当に難しく悩む方が多いと思います。
どの方法を選ぶにしてもそれが正しかったのかどうかなんて答えはあるはずもなく
いろんな考えがあり、選択があるかと思います。
どうしてもっと早く気付いてやれなかったのかと、ほかの方法があったのではないかと
悔やむ方のブログもたくさん拝見しました。
いっそ「私はこうしたいと」猫が言ってくれないかと思ったり。

その中での私たちの選んだ(これから選ぶ)道が、このブログを通して
同じ病気の猫を飼っている方や
福岡にお住まいの動物病院を探している方の
少しでも参考になればと
そして私の中での覚え書きとして記録を残そうと思います。






11月5日(水)

1件目の獣医さん。
血液検査の結果異常値だったのは

WSB(白血球) 26700 (基準値 5000~19500)

そして腫瘍部分の細胞検査ということで
注射器のようなものを腫瘍に刺し細胞を採取。
病理検査をし、1週間後に結果がでるとのこと。

*この検査でははっきりした結果が出ないことも多く、開腹して腫瘍を
取り検査することが1番わかるとの説明を受ける。

1週間分の抗生剤を投薬される。


11月12日(水)

薬がなくなったら来てくださいと言われていたので受診。
猫を連れて行ってみると検査結果がまだ出ていないという。
電話で確認してから行けばよかったと後悔しましたが
本来なら4・5日で結果が出るのに1週間たっても
連絡がないのはおかしいんですよねぇ・・・と先生。
こちらからも連絡してみますねと言う。
しかし次の日の木曜日はそこは休診日。
しかもしかもその週に限り次の金曜日の午後、土・日も休診になるので
結果は週明けになるかもしれませんとサラ~ッとおっしゃいました。


わがこ可愛さであまり理不尽なことを言うつもりはありませんし、
休むなとも言うつもりはありませんが、
どうしても最初の印象もそうでしたが、事務的という印象。
(あくまでも私の感じたことです。)

たくさんの患畜の中の1匹かもしれませんが、
先生は結果が気にならないのか?とか
この1週間飼い主にとってどんなに待ち長かったかこの人には
わかっているのか?とか
電話してくれるというのなら今できないのか??とか
たくさんの???で頭はいっぱいになったのと同時に
今後キョンをここで診てもらうことはないなと決定できた瞬間でした。

結果が分かり次第電話をくれるというのでお礼を言い退室しました。
他の病院で診てみらうにしても結果は結果ですし、
今後の判断の基準になるだろうと考えました。



11月14日(金)

結局結果は私が仕事ということもあり、
午前中に電話で報告を受け、今後の方針については
もう1週間抗生剤で様子をみましょう、そしてまた同じ検査をしてみましょう
とのことでした。素人考えではありますが、えっ?また同じ検査??
また同じような結果しか出ないんじゃないのかなぁ~という気持ち
も生まれました。

キョンにとっては連れまわして申し訳なかったのですが、
同じ日仕事が終わってから2件目の病院へと連れて行き、お話を聞き
どんな結果になろうともここで診ていただこうと決めました。
by b_moonworks | 2008-11-15 08:00 | neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31